ドラム初心者向けの自宅練習②

ドラム初心者向けの自宅練習方①に続いての二つ目の紹介です。

自宅で練習する方法として練習用パッドでの練習をご紹介しました。
まずは基本のオルタネートを日々練習してスティックに慣れることをお勧めしましたが、どうでしょう?日々続けてスティックにはなれてきましたか?
いっぱいやって飽きてきた方もいるのでは??ww

①の記事をご覧になってない方は一番最初の基本を解説してますので、記事をごらんください。

アクセントをつけてみる

いろんなドラムの演奏を聴いていて、アクセントがついてないのはなかなか聞いたことが無いと思います。

昔の打ち込み(デジタルドラム)のドラムは抑揚のないものもたくさんありましたが、最近の打ち込みはクリエイターの方もドラムのグルーヴや表現に意識できているため、音の強弱や音の長さがキチンと表現されています。

平坦なオルタネートのフレーズを練習した次の段階は簡単なアクセントをつける練習をしてみましょう!

まずは片手でアクセント

アクセント シングル

いきなり両手で行うのは難しいので、片手で強弱をつける練習をしてみるのが良いでしょう。
やってみたら簡単!
なので、先の1小節と後の1小節でアクセントの位置を変えています。

言葉で表現すると
タツタツタツタツ ツタツタツタツタ
といったところでしょうか?言葉の表現は自分で好きなのでイメージしてもらって大丈夫です。これに決まりはありません!

まずは右手(利き手)で繰り返し行えるようにして、左手でも行えるように練習します。

片手ずつで大丈夫ですよ。焦らず、ゆっくり、その代わりできる限り毎日やりましょう。

同じフレーズを両手で練習

アクセント 両手

片手に慣れてきたら、同じフレーズを両手でやります。
片手で慣れているので、フレーズの歌い方は頭に残っているはず!
フレーズは一緒で身体の使い方が変わるという認識をすれば大丈夫!

最初の1小節が右手のアクセント、後の1小節が左手のアクセントといった感じですね。

右手始まりと左手始まりで練習しましょう!
そうすることで、スティックの扱いもワンランクアップです。

あと、もう一つ。
このフレーズのアクセント位置は片手でやったときにも右手左手それぞれでも出てきた内容です。
上手くいかないときは片手に立ち戻ってやってみましょう。

アクセントの位置を変える

アクセント 基本

吹奏楽部でパーカッションパートをやった人なら見たことがある譜面だと思います。

このパターンは基礎練習としてよく取り上げられています。
僕も高校生の時に吹奏楽部の人に『ドラムの基礎練ってなにやればいい??』って聞いて最初に教えてもらったのがこれでしたね。

先の楽譜で練習されていると思うので楽譜の見方はわかると思います。
4つの音符の最初にアクセントがあるもの、2つ目にアクセントがあるもの、3つ目にアクセントがあるもの、4つ目にアクセントがあるものですね。

それぞれをまず繰り返し練習してください。
慣れてきたら、4回繰り返したら次のパターンへそのまま移るようにやってみましょう!

更に慣れたら使えるアクセントフレーズへ

アクセント 組み合わせ

全部を一つに組み合わせた楽譜ですね。
これが楽勝でできるようになれば、アクセントの基本は身についてきていると思って大丈夫です!
スティックの扱いも大分慣れてきたんではないでしょうか?
スネアだけのフィルインとかもできるようになってくると思います。

上級者向けの話になってきますが、このフレーズって5連符の組み合わせなんですよね。
最後にアクセントなしの8分音符4つを足せば、5連符の奇数割りフレーズの完成です。

2021年4月19日 Youtubeにデモ演奏をアップしました!

まとめ

ドラムは日々の練習が大事です。

ただ、やみくもに練習をしてても上達はなかなかしません。
やることをちゃんとわかって、楽しく演奏ができるようになるための練習を選択する必要があります。

無駄な筋トレはしないで、今の自分に合っている目標に近づいていく練習方法を取り入れましょう!

おすすめ

人気の投稿