スティックの持ち方で音の違いを出す

どうも。Groovelab/仙台ドラムレッスン ドラム講師の西川です。
意外と多くのドラマーさんが意識してない?知らない?スティックの持ち方について、お話したいと思います。

モーラー奏法レッスンで初回に必ずお伝えしている内容になりますが、スティックの持ち方で全然音が変わるという事です。

どのくらい変わるか???動画でご覧ください。

スティックでの音の違い

音が違うのわかると思います。
これ、叩く強さは適当にやってますが、スティックに手や指をどのようにあてるかってところを変えているだけです。

このデモンストレーションは初回のレッスンでは必ず行っていますね。
もちろん、『極端に変えた時』はどうやっているかを実際に見てもらわないとわからないので、その場で出来るようになってもらいます。

だいたいの人は5分以内で出来ますね。
やり方を知っている知らないかだけなので僕の手を見てもらって、その時のグリップの仕方を知ってもらえればできます。

もちろん、演奏に活かすためにはもっと他の身体の使い方も合わせて学んでいかないと、うまく使えなかったり、音に反映されなかったり、プレイに影響が出たりはします。

一番できないグリップ

たくさんの生徒さんとあーだこーだやりながらレッスンを行ってきたわけですが、多くの生徒さんが躓くところが緩く持つところです。

力を抜くって本当は簡単なんですよね?

だって、家でだらだらしてる時は力抜いてるでしょ?

なんでドラムを叩くときは力いっぱいに力んでしまうんでしょうか?

そんでもって、意識して力を抜こうとしても抜けないんでしょうか?

それは皆さんがまじめだからかも。

『ちゃんと演奏しなければ!』とか『スティック落としちゃったらどうしよう』とかキチンと演奏しようって思ってませんか?

声を大にして言いたいです!

音楽は楽しむものだから、リラックスして音を楽しんで!!

まじめな事はすっごいいい事なんですけど、それは練習の時まじめにやってれば十分です。
楽器演奏の時はリラックスして、自分のイメージや出ている周りの音に集中して、音を楽しみましょう!

変な力みがあると、音も力んだ音しか出なくなっちゃいます。

ってここまでは一般でもよく聞く話。

ドラムってゆるゆるになったら音出ないよね?

って思ってる方も多いと思います。
違います。ゆるゆるでも出す方法を知っていれば音がです。

指先のコントロール

途中で僕が叩いてます。
イヤフォンやちゃんとしたスピーカーで聞いてくださいね

手の感じはゆるゆるじゃないですか?
でも、音が全然違いますよね?
ちなみにスティックは二人とも僕のオリジナルモデルのスティックでやってますので、スティックの違いは個体差はあるにしろほぼありません。

もちろんこの場での生徒さんも難しそうにしてますけども、いろんなアプローチでだんだん緩く持って実際のライブとかでも使えるようになっていってもらってます。

いやぁ、それにしてもYoutubeは便利ですね
百聞は一見に如かずですからね。文章で見るより動画で見た方が早い。
まぁ、音に関しては現場が一番わかりやすいんですけども…

是非動画のグリップの部分に注目してみて、緩い感じでリバウンドを使って演奏できるようにチャレンジしてみてください。

スタジオで『あっ!全然スネア音の長さが違う!!』って思ったら正解です!

ご相談はいつでも受け付けておりますので、お気兼ねなくお問い合わせくださいね。

おすすめ

人気の投稿